自分のバストの正しいサイズを知ることがバストの悩み解決には重要

自分のバストの正しいサイズを知ることがバストの悩み解決には重要

バストの悩みというと、多くの場合バストのボリューム不足を想像します。
ふっくらとした形の良いバストは女性の魅力の象徴であり、多くの女性にとっては憧れでもあります。そんなバストですが、顔のつくりが一人ひとり違うように、バストもその形や大きさなど人によってそれぞれ個性があります。

 

ボリュームの無い貧弱なバストに悩んでいる人は少なくないのですが、多くの場合体はすっきりとスリムでいたいけれど、バストだけはボリュームがほしいと思っているようです。胸が小さいと人目がとても気になるようになり、温泉に行ったり、水着姿になるのが気が引けるなど、とかく消極的になりがちです。

 

でも、胸が小さいことや、形などに悩んでいる人でも、毎日の努力次第で胸を形よく豊かにできる可能性は十分にあります。

 

まず胸を大きくして女性的なボディラインにするには女性ホルモンが大切です。女性ホルモンは胸を豊かにするだけではなく、美しい肌や髪を作ったり、自律神経のバランスを整える役割も担います。積極的に大豆製品を摂ることで、大豆イソフラボンによって女性ホルモンの減少を補うことができます。そして質の良いたんぱく質をたっぷりととる事も大切です。

 

胸の周りのリンパの流れを良くすることもバストアップに効果が期待できます。リンパマッサージを行うことで女性ホルモンの分泌を促し理想的なバストに近づくことができます。

 

また最近テレビで紹介されたバストの体操をすることで、ふわふわした柔らかなバストを手に入れることができます。

 

わきの下に流れたバストをもとの位置に戻し、バストをしっかりと揺らしてマッサージすることで血液やリンパの流れを良くして、弾力のあるふわふわした感触のバストにすることができます。

 

具体的なやり方は、わきの下に流れてしまったバストを手のひらでぐっと中心に向かって寄せ、斜め上に向かって持ち上げてから斜め上に向かって10秒間揺らします。

 

次に両手でバストを下から上に持ち上げ10秒間ほど上に向けて揺らします。この体操をすることで、バストの血行もよくなり、ホルモンバランスが整って卵巣機能がきちんと働くようになる効果もあります。

 

また基本的なことですが猫背にならないように注意して、姿勢を正しくすることで、胸を正しい位置に戻す効果があります。やり方は肩を前方向に5回まわした後、今度は後ろ方向に大きく5回まわします。そしてその次に力を入れて両方の肩を上げた状態でしばらくキープしてから脱力して肩を落とします。

 

最後に肩甲骨を寄せるようにしてしばらくキープする動作を5回ほど繰り返すことで、バストの生育にも良い正しい姿勢をキープすることができます。

 

そして自分のバストのサイズを正しく知って、自分のサイズに合った下着を選ぶこともとても重要です。自分のバストサイズはこれだと思い込んでいる人は少なくありません。

 

何年も同じサイズだと思い込んで合わない下着を付け続けると、バストは間違いなく形が崩れ、ワキや背中へと流れてしまうことにつながります。

 

下着をつけた時にワキや背中に食い込みができて段になってしまうようなら、サイズを測って自分のバストに合う下着を選びなおす必要があります。自分のバストの正しいサイズを知ることは、バストの悩み解決のため重要なポイントになります。